FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「尖閣を守れ!緊急抗議デモ」に参加して

P1020405s.jpg
 
今回の選挙を経て、新聞や雑誌に目を通すと、
幸福実現党大川隆法名誉総裁の主張にのっとった記事が
たくさん掲載されるようになっているのに驚かされます。 

選挙終了後も、ほぼ毎日、朝の駅前での挨拶や、
支持者の皆さまへの挨拶廻り、
また辻立ちなどさせていただいておりますが、
「次、また頑張ろうね」とうなづきながら、お声をかけてくださる一般の方など、
反応はとてもいい状態が続いております。

そして、何と、今日の読売の朝刊の一面に、
「中国信頼せず」と87%の方が回答している世論調査の結果が出ておりました。
そして、中国が経済・軍事力を背景に、
他国への外交圧力を強めるという不安を感じている人は、何と89%です。 
であるならば、今日の、私たちの『日本の領土を護るデモ行進』は、
「国民の約9割の代弁」であり、
まさに「国民の声の代表としてのデモ行進」であった
と言えるのではないかと存じます。

こうした世論があるにもかかわらず、
何ら日本の平和と自由と繁栄を護るために確固とした主張・政策を
展開できない菅総理・仙石官房長官はじめ、今の政治家は
本当に情けないを通り越して戦犯ものであります。
危機が来るのがわかっているにもかかわらず、侍精神を忘れ、
自らの保身のために、正しいことを正しいと言うことができないのであります。

日本を取り巻く国際情勢は変わりました。
この現状をしっかりと目を開いて見たならば、
左翼思想・自虐史観を唱える日教組・北教組幹部はじめ、
左翼言論人が、どれほど、日本を中国の属国化、
一党独裁軍事政権の支配下に入れようとしているのか、
危険を振りまいているかが明白です。

こうした方々のせいで、このままだと、日本のお子さんは、
自由のない、政府の批判を言えば刑務所に入る、日本語の使えない、
貧しい植民地で育つことになってしまうのです。
そんな未来は、絶対に許されません。
日本の自由と繁栄を守り抜くために、命をかけて闘って参ります。 

P1020422s.jpg

P1020423s.jpg

P1020431s.jpg

P1020435s.jpg

P1020437s.jpg

P1020440.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。