FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『日米同盟の重み増す』!

本日、1月3日付けの読売新聞の朝刊第一面に
『日米同盟 重み増す』の大きな見出しのもと、
米ハーバード大教授のジョセフ・ナイ氏と
前外務次官の藪中三十二氏の対談が掲載された。

内容は、幸福実現党大川隆法名誉総裁が
一年半前の立党時に訴えていたもの。

この一年半の活動が無駄ではなく、
その主張が大新聞で取上げられるようになったことは、
本当に、この間、熱心に支持していただいた皆様のご尽力の賜物であります。
心より感謝申し上げる次第であります。

『昨今の中国や北朝鮮の動向は、確かに日本人を覚醒させた。日本はどうすべきか、国民が外交や安全保障を日常的に語り合っている。政府には対外的に果敢に主張し、決断力を見せてほしい、という意見が増えた(藪中氏)』
『私の印象では、中国との尖閣諸島問題などを経て、日米同盟に対する日本人の関心は飛躍的に高まったのではないか。09年秋の民主党政権誕生の頃、日本は米国から離れ、対中接近の政策を取るのではという疑念も生まれたが、すっかり消えたように見える(ナイ氏)』など、
幸福実現党が主張していた保守回帰の流れに向かいつつあります。

『正しいものは正しい』正しいことを訴え続ける真実の政治家としての立場を堅持し、北海道、日本、世界の繁栄と平和のために闘ってまいります。
今年もよろしくお願い申し上げます。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。