FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家庭の大切さ

年明けから、朝日新聞が、連載を続けている、教育シリーズについて。
二回目の連載に、子供の育て方を知らない若い夫婦(19歳と20歳)
の子育ての奮闘ぶりが掲載されていました。

そのご夫婦は二人とも、自分が若い頃に複雑な環境に育ち、
自分達も十分な家庭生活を知らないなかで育ったとのことでした。

その夫婦とある出来事がきっかけで知り合った社会機関の方々が、
きちんとした育児ができるように
一生懸命働きかけている姿が伝わってきました。

それは、とても素晴らしいことであるけれど、
こうした家庭生活を知らずに成長した若者が、
自分の家庭を持って育児をするということは
本当に大変なことであるのだとも感じさせていただきました。

もちろん、個人の自由というものは、
最大に尊重されるべきであろうかと思いますが、
同時に、社会を形成する基本単位である家庭が崩壊していけば、
社会というものも、大変なことになる。

先日、テレビで、濃厚な近所づきあいを望む人が
8割を超えている(アンケート結果)という番組を見ました。
やはり、家庭を大事にして、
そのつながりである地域とのつながりを大切にしたいという方が
増えているということでありました。

これからの教育にも、家庭の絆の大事さ、大切さを訴え、
地域社会への貢献を尊いものとする価値観を大事にしていくことが
大切なのではないかと考えます。

教育について、これからも積極的に提言してまいります。
ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。